最近は銀行でも即日融資が可能

「即日融資」とか、「30分のスピード審査」と言えば、消費者金融のキャシングというイメージでしたが、最近では銀行の審査も非常にスピーディーになってきています。銀行でも、30分で審査結果がかえってくるところが存在します。また、ローン契約機が設置されている銀行なら、その場ですぐにカードを発行してもらえるので、土日祝日でもATMからお金が借りられたりします。
即日融資を受けるためには、すでにその銀行の口座を持っていることが条件になっていることもあります。その銀行の口座を持っていて、平日の2時くらいまでに手続きを終えていれば、その日のうちに振込みが完了し、口座に反映されます。また、口座を持っていれば身分証明書の提出も必要ない場合があります。

この投稿は2016年2月9日に公開されました。

お金を借りたいと思ったら

生活費などが足りない時には 生活の状態は人によってもいろいろですが、リストラなどにあってしまうなどしてお金の入る当てがなくなって、ホームレスになってしまうというようなこともあるでしょう。それこそ昔は数多くのテントなどもありましたし、それをイメージしてしまう人もいます。ですので、この状態になってしまうと預貯金が底をついてしまうともうにっちもさっちもいかなくなってしまうという事がよくあります。何とか資金を工面したいけれども、日払いなどの仕事などがなかったり、出来ない時もありますので、そういうときには借りる場所がないかと考える事もあるかもしれません。

この投稿は2016年2月1日に公開されました。

そもそも「今すぐ」がどの程度であるのか考える

所得を確認するすると同時に、「今すぐ」がどの程度の「今すぐ」であるのかを自分の中で確認します。また「目的」についても考えます。もし「今すぐ100万円を借りる」ために、「本日」や「一両日中」といった近々であるのか、1週間程度の猶予があるのか、それが1カ月はあるのかなどを考えるということです。もし近々ならば一番スピーディーなのは貸金業者です。貸金業者は「即日審査」の「即日融資」を基本としている業者が多く見られます。即日融資を約束していれば、自社の最高貸付限度額を上限に、原則「即日」です。1週間程度の猶予があるのであれば、銀行も選択肢に加えることが可能となります。もちろん銀行でも即日融資ができる可能性が高い銀行もありますのでごく一般的なケースですが、保証会社に貸金業者が控えているカードローンなどが比較的スピーディです。最高貸付限度額によって商品が違う銀行もありますので、そういった点は確認が必要です。またイレギュラーではありますが、貯蓄性の高い保険を持っている場合には、解約返戻金の中の一定割合を上限に貸付を行う「契約者貸付」を利用する方法もあります。こちらは保険会社のシステムにより「即日」が可能な場合もありますが、おおよそ1週間程度で借りることができます。

この投稿は2016年1月29日に公開されました。

まあ家族に内緒でお金を借りることは悪くはないけど、ばれた時は厄介じゃ

使途が自由という内容を利用する手もある

旦那が嫁名義でカードローンを作る場合、そんな面倒な事はせずにカードローンの使途が自由という点を逆手にとって、嫁に普通に自分の名義からカードローンを作ってもらい、家計の為にお金を借りてその資金を夫に渡すという使い道をする方法もあります。これは通称名義貸しという内容に該当しそうなものですが、物は言いようであり、基本的にカードローンの使途は自由なのですから、カードローンを契約している人はどのような目的の為でもお金を借りることが出来ますし、お金を借りた時に何の為にそのお金を使ったのか、使い道を契約している会社へ報告しなければならないというルールもありません。要するにお金を借りてしまえば、そのお金を何に使ったのかなど、金融会社は把握することが出来ませんが、お金借りる即日に。この方法だと、申込から契約まで保証人が絡まないので簡単に進めることが出来ます。トラブルになりやすいのは夫婦間の借入と返済になるので、夫婦の信頼関係がすべてとなってきます。家族として信頼できるのであれば、この方法から申し込みをするのが一番手っ取り早いことは間違いありません。夫婦間でもお金のやり取りは慎重に進めることが大事でもあります。

この投稿は2016年1月26日に公開されました。